コラム

総数13件 1 2 3

チートデーってご存じでしょうか?まったく知らない方も、知ってるよーって方も、チートデーを言い訳に毎日チートデーをしてしまっているそこの貴方も今一度復習して賢くチートデーを活用していきましょう。

チートデーとは・・・
直訳するとcheat= 騙す、欺く + day=日 となり、ダイエット中の制限した摂取カロリーよりも多くのカロリーを摂取することで、落ちてしまった代謝量を再び上げることでダイエットを促進させることを目的に行います。

ダイエットでカロリーを制限していると次第に摂取するカロリーに応じて身体の代謝を下げてしまう機能が備わっているんですよね。
これは食事が満足に食べることが出来なくなってしまった場合、延命するための防衛本能(飢餓状態とか言われてます)なわけですが、好きなものを自由に食べられる現代には無用の産物。。。この機能のおかげ(せい?)で最初は順調に体重が落ちていても、ある日を境に体重の減少が止まってしまった!なんて経験のある方も多いと思いますがこれが原因なんです。

この飢餓状態の身体に多量のカロリーをぶち込むことにより、下がった代謝をびっくりさせて上げさせます。少量のカロリーの運用でまったりしていた身体の中にドカドカ栄養をいれることでエンジン全開で代謝を上げてカロリー運用させる訳ですね。一度上がった代謝はすぐに下がりはしませんので、チートデーを行った次の日以降またカロリーをしっかりと計算した食事量に戻すことでダイエットが捗るという仕組みです。

この元気をなくしてしまった身体に急激に栄養を送り、今後は栄養をしっかり入れますよーぅと騙すような行為をするためチートデーなんて名前がついています。

チートデーを行うタイミング・・・
@体重の減少が停滞してしまったとき
基本的にはこの停滞したときに行えばオッケーです。ただしダイエットを開始してから1か月はチートデーを考えずに頑張りましょう。ダイエット序盤に停滞した場合は食事内容に問題がある場合はほとんどです。

1か月経過後、順調に体重が減ってきていたある日を境に減量がとまってしまうタイミングがあると思います。そこでチートデーを1日設けてみましょう。

Aメンタルが疲れてしまったとき
これはあまり推奨はしませんがダイエットをしているとどうしても脂質の少ない食事、炭水化物の少ない食事になりがちになり、身体だけでなく精神的にも飽きてしまうときが来ます。

ダイエットは無理のない範囲で行い、極論生涯続けられることが望ましいと思っています。それでもジャンクフート大好き、外食大好きな皆さん(私も!)は羽目を外したいと思うはずです。その際には「よし、今日はチートデーにしよう!」と割り切って食事を楽しみましょう。ダイエットでせっかく減った体重が戻ってしまう・・・なんて考えは放り投げてください。一番やってはいけないことは我慢限界に達して爆食、、、そしてダイエットをやめてしまうことです。

補足にはなりますが、人間1日に太ることのできる体重なんてたかが知れてます。せいぜい500gが関の山なのでチートデーとした次の日からまた食事を戻せば問題ありません。

「嘘だ!この前食べ過ぎた翌日2キロ太った!」なんて声が聞こえてきそうですが、それば多くの場合むくみです。身体は塩分濃度を一定に保とうとします。普段より多くの食事量をとったことにより身体は普段より余分に水分をため込んで濃くなった塩分を薄めようとします。試しに2,3日後にもう1度体重計に乗ってみると戻っていると思いますよ。

さて、ここまで読み進めていただいた方は1つの前提に気づくはずです。そう、チートデーはきっちりとカロリー計算をした食事が普段から行われていることが大前提なのです(ドン!)なので食べ過ぎてしまった際にチートデーを言い訳にするのではなく、ダイエットの基本!1日の摂取カロリーを決めることから始めましょう。興味を持った方はTDEE計算式をインターネットで検索するか、当店タカダまで聞いてください。

チートデーでの摂取カロリー量の目安・・・
基礎代謝量の3倍を目安にしてください。例えば基礎代謝1500Kcalの人は、その3倍4500Kcalです。基礎代謝量は年齢、性別、身長、体重から計算しますが、計算式が複雑なうえに便利な計算サイトが多くありますのでここでは割愛します。「基礎代謝量 計算」と検索してみてください。

チートデーで食べるもの・・・
個人的には「なんでも良し!好きなものをガンガン食べよう」ですが、小食気味の方は脂質の多いものを選ぶとカロリーを稼ぎやすいです。

またタンパク質を普段より食べ過ぎると消化不良を起こして体調不良、肌荒れ、便秘の原因にもなりますので注意が必要ですね。
なので普段のダイエットの食事バランスを大きく崩さない程度にするのが無難かなとは思います。

まだ伝えないといけなことは多くありそうですが、私の体力的な限界でここまでにします(汗)

最後まで読んでいただいた貴方に最大限の感謝を。ありがとうございました。

新年明けましておめでとうございます。旧年は多くのご利用をいただき、忙しくも楽しく充実した1年を送ることが出来ました。本年もより一層ジム運営に力を入れていき、今後とも楽しく運動できる場所を提供し続けていきたいと思います!

さて、年末年始はゆっくりと身体を休めましたでしょうか。忘年会やおせち料理、新年会などでおいしいものを食べて心身ともに充実できましたら、当店でバッチリ運動しましょう!当店は3日よりバリバリ営業しております。

現在のご予約は、午前中からお昼が多いため夕方以降はご予約しやすい状況になっております。ご興味のある方は1度ご連絡ください。

ホームページ問い合わせフォームの他、LINE@からでも受け付けております。ご連絡お待ちしております。




こんにちは☆豊橋市のパーソナルトレーニングジムフリーダムの高田です。最近は暑い日々が続いてますね。
私はというと、この陽ざしを利用して日中身体を焼いております。夏のボディコンテストに向けて準備中であります(*'ω'*)

さて、タイトルのお話しですが先日、体験レッスンにお越しいただいたお客様から「どういった目的で利用する方が多いのですか?」と質問をいただいたのでお答えしたのは、

☆一般的な月額制ジムや24時間ジムで運動をする方は、マシンの使い方を十分に理解している方が少なく、ご本人もそれを自覚しているためか、不安そうに周りを伺いながらトレーニングをしているのをしばしば見かけること

そうしたよくわからない状態では、身体も良くなりづらく、身体に変化が見られなければ運動するモチベーションも上がらずジムに通うのをやめてしまいがち

☆当店は大手のジムに設置しているマシンと同等級のマシンをおいているので、当店でマシンの使い方を理解すれば、ご自身でジムに通うことになっても以前より楽しく運動をすることが出来る

☆当店をずっと通っていただくよりも(個人的には嬉しいですが)身体の動かし方を理解し、運動が好きになって卒業していただけたら私としては嬉しいです(^^)

といったお話をさせていただきました。綺麗ごとではなく、これが私がパーソナルトレーニングジムを開業した理由であり、私が思うパーソナルトレーニングジムを利用する目的の一つかと思います。

現在体験レッスンが1,000円&入会金無料でやらせていただいております。期間は限定的に考えております。定員数に達し次第終了しますのでご検討中の方はお早めにご利用ください(^^)/

本日のコラムは食事における各栄養素の摂取バランスについてです。前回のコラムでは、ダイエットは計算した活動代謝量よりも少ない食事量にすることが重要だとお話をしましたね。しかーし!食事量を守っていれば何をとっても良いということはなく、その摂り方も大事になってきます('ω')ノ

炭水化物は脳や体を動かすため必要ですし、脂質は体温を保ったり皮膚を保護するため必要、タンパク質は筋肉や臓器、ホルモンなどを作るために必要です(役割はもっとたくさんあります!)。

食事で摂る栄養素には大きく分けてお米や麺、穀物類などの「炭水化物」、肉や魚類などの「タンパク質」、そして先述2つや調味料に含まれる「脂質」の3つの栄養素に分けられます。

三大栄養素といわれるこれら3つの栄養素はどれを抜いてしまっても生きていけません。(←ココ超重要!!)

少し前に流行った炭水化物を極端に減らしたダイエットは短期間の減量ができることで人気を博しましたが、先述のとおり体に必要な栄養素のバランスを大きく変えるため、とても難しいダイエット方法なのです。このコラムを読んでいる方の中にも低糖質ダイエットに失敗した方も多いのではないでしょうか。

それに加えて最近は、米を主食に生活してきた我々日本人は、炭水化物を少なくして脂質とタンパク質を増やすダイエットに不向きなのではないか〜なんて言われています。ダイエットの考え方、トレンドは本当に常に変化していきますね( ;∀;)


さて、本題に移りましょう。そんな大事な三大栄養素をどのような比率で摂ればいいのか、これにもさまざまな考えがあると思いますが、私は厚生労働省が2020年に出した指針「エネルギー産出栄養バランス」を挙げたいと思います。

こちらを挙げた理由としては、まず国(厚生労働省)から発出していること。そして近年のダイエット研究のメタアナリシス※とも符合しているからです。

この指針によると、


・タンパク質は食事全体の13%〜20%が望ましい。成人(18歳〜69歳)で23%、高齢者(70歳以上)では22%を超えないようにする

・脂質は20%〜30%を超えないようにする

・炭水化物はタンパク質と脂質で摂った残りのエネルギー量を摂る。数値にして50%〜65%

参照元:https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000586560.pdf

となっております。

さあここまできたら今までの基礎代謝量、活動代謝量、各栄養素の摂取比率をもとに1日に食べる各栄養の量(グラム数)を出していきます。随分と長くなってしまいましたがあともう少しですよ!ついてきてくださいね♪

次回のコラムもお楽しみに(*'▽')


※メタアナリシス (meta-analysis)とは、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのための手法や統計解析のこと。要は現時点でかなり説得力があるよ〜って感じにとらえてください( *´艸`)

こんにちは!豊橋市のパーソナルトレーニングジムFreedom(フリーダム)の高田です。昨日豊橋市曙町では雪が舞いました!幸いにして私が帰るときには止んでいましたが,
暖かい季節が待ち遠しいですね(でも花粉は飛ばないで・・・笑)。

さて、前回のコラムにてダイエットに大切なことは食事の摂取カロリー量であることをお伝えして、1日の基礎代謝量(BMR)の計算のお話までしたかと思います。まだご覧になられていない方は是非見てくださいね。

今回のコラムはその続きになります。前回コラムで計算した基礎代謝量というものは、1日何もせずに横になり安静にしていた場合の消費カロリー量になります。しかし私たちには仕事があり学校があり、家事や通勤、または部活動などで体を動かします。この活動分の消費カロリーを考慮しなければ1日にどのくらい食事からカロリーを摂ればいいのか(摂ってもいいのか)分かりませんよね。

そこで知る必要があるのが、1日の活動代謝量というものになります。

活動代謝量は、基礎代謝量と生活で消費されるカロリーを加えたものになります。この活動代謝量と同じカロリーを食事から摂っても現在の体型が維持されるといった訳なんですね。

なかなかめんどくさそうなお話ですが、インターネットで「TDEE 計算式」と検索していただければすぐに自動計算のサイトが見つかります。いやあ便利ですね!文明の利器万歳です(*'▽')

次回は、今回計算した活動代謝量からどのくらい減らした量を食事から摂ればいいのか、その注意点などお話できればと思います。


今回のまとめ

1 活動代謝量を知ることで、現在の体型を維持するための摂取カロリー量を把握できる。

2 活動代謝量の計算方法は、「TDEE 計算式」でインターネットで検索!

疑問、質問は当店ホームページのフォーム、または各種SNS(ホームページ内のバナーより)から受け付けています。お気軽にお問い合わせください(^^♪



追伸 まとめを書いていて思ったことは、コラムなんて文章形式にしなくても箇条書きの方が話簡潔になって見易いな・・・です( *´艸`)




総数13件 1 2 3

HOME >ニュース・ブログ:コラム